【★どうが★やさしい日本語】コンクリートより 安全(あんぜん)な、木(き)の「へい」を ふやす

西日本新聞

(みち) には、コンクリート(concrete)で  できた「へい」((かべ) )が  たくさん  あります。

(おお) きな  地震(じしん) が  おきると、へいは、ときどき  こわれます。

コンクリートは  (おも) たいので、(こわ) れると  (あぶ) ないです。

2018(ねん) 、  大阪(おおさか) の  地震(じしん) で、へいが  こわれて  小学生(しょうがくせい) の  女の子(おんな こ) が  () くなりました。

これから、() で  できた  へいが  () えそうです。

コンクリートよりも、() のほうが  (かる) くて  安全(あんぜん) だからです。

へいを  (つく) るための  お(かね) も、() のほうが  (やす) いです。

大分(おおいた) (けん) は、() の  へいの  (つく) (かた) を、インターネットで  紹介(しょうかい) しています。

大分(おおいた) (けん) には、「すぎ」という  () が  たくさん  あります。

大分(おおいた) (けん) の  (ひと) は「() の  へいを  () ってもらって、  大分(おおいた) (けん) の  () を  たくさん  使(つか) ってほしいです」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ