福岡空港国内線で施設利用料 3月29日から、110円徴収

西日本新聞 一面 布谷 真基

 福岡空港を運営する福岡国際空港(FIAC)は14日、国内線利用客を対象とした「旅客取扱施設利用料」の徴収を3月29日の搭乗分から始めると発表した。額は12歳以上が1人当たり110円(3~11歳は50円)。国内線の施設利用料は主要空港などで導入されており、全国で12番目となる。

 福岡空港では発着枠拡大のため滑走路と駐機場を結ぶ誘導路の二重化や、ターミナルビルの大規模改修などを進めており、整備費や維持費の回収が主な理由。14日付で国土交通相の認可を受けた。

 施設利用料は出発または到着する利用客に適用され、往復すればそれぞれ必要となる。航空会社が航空運賃と合わせて徴収し、2月末までに購入した航空券は適用外となる。

 FIACは出国を伴う国際線で出発客1人当たり980円(2~11歳は490円)の施設利用料を徴収しているが、国内線では導入していなかった。福岡空港の国内線利用者数は1781万人(18年)で、施設利用料導入により年17億~18億円程度の増収を見込む。

 施設利用料は空港によって金額が異なり、成田空港は大人450円(第3ターミナルは390円)、羽田空港は290円など。九州では北九州空港が100円を徴収している。(布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ