殻を破った19年 新劇場へ「みんなで目標決めたい」 HKT月イチ報告(下)

西日本スポーツ 古川 泰裕

 HKT48メンバー4人の座談会「月イチ活動報告」。最後は、新劇場が開館する2020年について、1期生の下野由貴(21)、2期生の上野遥(20)、3期生の栗原紗英(23)、4期生の堺萌香(21)が熱い思いを語ります。(古川泰裕)

 ◆HKTの好き度がさらに増した

 -個人として19年はどうだった

 栗原「私は、ガールズアワードと東京ガールズコレクション北九州で2回ランウェーに立てたのが大きかったですね」

 上野「みんなでポーズをまねしていた」

 栗原「楽屋で、ポーズがかぶらないようにとか、いかに洋服を見せるとか、考えていました」

 -自分の好きな分野で活躍できた

 栗原「モデルの方もタレントの方も、すごい人ばっかりで…濃すぎる一日でした。3日間くらいウオーキングレッスンを受けたんですよ。意識することが多すぎて、やっぱりすごいなって思いました」

 -下野さんは

 下野「司会をけっこうやった1年でしたね。ヨカヨカ(動画配信サイト『SHOWROOM』のレギュラー番組)3時間スペシャルに始まり、『Chou会』(モデル系ユニット「Chou(シュー)」の単独劇場公演)、ツアーのMCでも」

 「安心感がありますよね、しなもんさんの司会」

 下野「一番でかいのは、8周年前夜祭の総合司会ですかね。そんなに自信があるわけでもなかったから、なんでやらせてもらえるんだろうって思いながら…」

 栗原「(19年)印象の強いメンバーは誰?ってHKTで聞かれると、『下野上野』さんってめっちゃ(存在が)大きかったと思います」

 下野「『Litcharm』(リットチャーム=本村碧唯発案のダンスユニット)ができたのがうれしかった」

 栗原「マジでかっこいいです!」

 下野「メンバー受けがいい。すっごくほめてもらえる」

 「私は博多座(仁義なき戦い)が一番大きくて。今まで何かに選ばれたりとか全然なくて、これからどうしようって考えていた時に、やらないかって声をかけていただいて。自分の殻を破れた2カ月だったなって思います。自分から話しかけるとか、あんまり得意じゃないんですけど。深く関わろうとしないタイプだったから。なんだろうな、深く関わろうとしなければ話せる、みたいな感じだったんですけど。2カ月一緒にいたら、自然と打ち解けるようになったし、HKTとのメンバーとも(自身が在籍した)この4年は何だったんだって言いたくなるくらい、その3倍くらい仲良くなって。ずっと好きだったHKTの好き度がさらに増しました。48グループのこういう企画で、自分が役に立っているのがうれしかったです。求められて、そこに立って、よかったよって言ってもらえることが、今までなかったから…。またこうやって、グループのために何かやりたいなって思います」

 上野「私は20歳になったっていうのも大きいんですけど、5期生が入ってきたあたりから、先輩意識が高くなったというか。(上島)楓の存在もあるとは思うんですけど、5期生の下野さんとか紗英ちゃんとか…」

 下野「5期生!?」

 上野「間違えちゃった(笑)」

 栗原「5期生の下野さん(笑)」

 下野「5期生の下野さんと栗原さん(笑)」

 上野「5期生の教育係をしている下野さんと紗英ちゃんと、あらためて後輩とどう接するかっていうのを考え直すことが増えて、そこからの九州ツアーだったので、後輩のために何かしたいなって思う瞬間がめちゃくちゃ増えて。実際に何ができるかって言われたら、ダンスを教えたり相談に乗ったりすることくらいだけど、それでも少しは役に立ててるのかなって、思えば思うほど、いろいろなことを教えてあげたいと思うし。今後は、若い子たちにHKTを引っ張っていってもらいたいわけじゃないですか。『あのとき、はるたんさんに教わったことが役に立ったな』って思ってもらえる日が来たらいいなって思って接することが多かったかな。自分も8年目になって、ようやく安定したポジションが分かってきたような1年でした。ツアーでも、今まではMCとかできる方ではなかったんですけど、殻がむけたというか。すべてに対して気軽にできるようになって。今までは重く重く悩んじゃうことが多かったけど、もっと周りを見られるようになって、頼られることが多くなって。私、そういうのが好きなんだなって思ったら、けっこう気軽に、何に対してもできた気がして」

 -気軽と言うより、前向き?

 上野「それです(笑)。8年たって今更ですけど、安定してきたのかなって。今は一個一個の仕事がぜんぶ楽しくて仕方なくって。ポジティブになったってことなのかな?」

 下野「明るくなったよね」

 栗原「話しやすくなりました」

 -ちょっと、とがってたのかと(笑)

 下野「とがったことないよね(笑)」

 栗原「お互い人見知りなところがあるから、どっちからも話しかけられなかったけど、めっちゃ仲良くなって一緒にずっとふざけているし、そしたら下野さんとも仲良くなれた。やっぱりつながってるので、この2人は(笑)」

 上野「今までも、(栗原と)同じ気持ちになってたことが多かったんやろうなって。考え方がけっこう似てる」

 栗原「空港で2人だったとき、どんどん話が止まらなくなって。全部思ってることが一緒だった」

 上野「多分そうだろうなと思っていたことが、そこでようやくつながった。羽田空港のうどん屋さんで(笑)」

 栗原「飛行機の席に座るまで話が止まらなかった」
 

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ