九州プロレスが3月、久留米市で無料大会 1月19日には大牟田市でも

西日本新聞 筑後版 吉田 賢治 山口 新太郎

 NPO法人、九州プロレス(福岡市)の阿蘇山選手=熊本県阿蘇市出身=が14日、久留米市役所を訪れ、3月に久留米シティプラザ六角堂広場で開くプロレス大会「久留米ば元気にするっタイ」をPRした。

 九州プロレスは2008年設立。プロレスでのまちおこしを掲げ、企業などに協賛を募り、九州各地で無料のプロレス大会開催や福祉施設の慰問に取り組む。

 久留米市での開催は昨年3月に続く2回目で前回は約700人が来場。今回は3月29日午後2時から阿蘇山選手や、つぼ原人選手=久留米市出身=ら8人が出場し3試合を予定。小学生以下をリングに上げるプロレス教室も実施する。

 訪問を受けた大久保勉市長は「迫力ある試合で子どもたちに夢を与えてほしい」と歓迎し、阿蘇山選手にプロレス技「コブラツイスト」をかけてもらった。阿蘇山選手は「大きな声を出して観戦し、楽しんでほしい」と話した。

   □    □

 九州プロレスは大牟田市民体育館でも今月19日午後2時から、プロレス大会「大牟田ば元気にするバイ」を開く。入場無料で、子どもを対象にしたプロレス教室のほか、10人のレスラーによる3試合が行われる。先着200人に地元ラーメン店「東洋軒」のラーメンが振る舞われる。九州プロレス=092(400)9938。

(山口新太郎、吉田賢治)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ