サウナがブームとか…

西日本新聞 社会面 鎌田 浩二

 サウナがブームとか。漫画やドラマで取り上げられている。愛好家は「サウナー」で究めるべき道を「サ道」、そして到達点の一つを「整う」と呼ぶ。サウナと水風呂を繰り返した後に休憩し、心身ともに深くリラックスした状態になることを言うらしい。

 整った実感はないのだが、サウナは好きだ。特に水風呂。冷たい水風呂に漬かるうち、体温で温まった水の薄い層が体を包み、何とも言えない心地よさを感じる。だから水風呂は冷たい方がいい。

 勤務する佐賀市で先日、山奥にある古湯温泉を訪れた。旅館に立ち寄って日帰り湯を利用したのだが、ここの水風呂は冷たかった。しかも屋外にある。サウナでほてった体を、目の前に広がる緑を見ながら冷却するぜいたく。繰り返すうちにリラックスした気分になれた。少し整ったのかも。ここの温泉はぬるめでゆっくり漬かれるのが魅力だそうだ。隠れた魅力を見つけた気分だ。 (鎌田浩二)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ