折尾高生ら15人が自転車の安全訴え 駅前でチラシ配布

西日本新聞 北九州版 金田 達依

 折尾署は折尾高(北九州市八幡西区)の生徒と自転車の安全利用や交通事故防止を訴えるキャンペーンをJR折尾駅(同)で行った。

 キャンペーンは8日に行われ、同高の生徒会関係者ら約10人と同署員5人が参加。駅改札口の近くで同高生活デザイン科の生徒が作ったビーズストラップと一緒に、自転車の安全な利用や飲酒運転車両発見時の通報を呼びかけるチラシなど約160部を配った。

 同科3年の宮永恵里さん(17)は「事故が1件でも減ればいいと思って参加しました」と笑顔で話した。同署交通1課の松尾直大課長は「高校生の死亡事故は昨年も発生している。若者も自分は事故に遭わないとは思わずに注意してほしい」と話した。 (金田達依)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ