「科捜研の女」広がる役割、災害でも 法医科の百田、松尾さん

西日本新聞 黒田 加那

 科捜研のリアル(9)

 Q ドラマ「科捜研の女」では京都府警の科学捜査研究所(科捜研)の法医科の女性研究員が活躍していますが、福岡県警の科捜研でも女性の活躍は進んでいるのですか?

 「私が入った頃は法医科に1人もいませんでしたが、今では多くの女性が頑張っています」。西日本新聞「あなたの特命取材班」通信員の質問に、法医科に勤務して12年目の百田芙美さん(38)が笑顔で答える。徐々に女性職員の数が増え、今では約50人のうち、10人が女性という。それでもなお男性が8割だが、百田さんは「仕事で性別を意識することはない」という。

 「科捜研の女」のワークライフバランスを聞いた。朝は7時半から。事件発生で、時に緊急の仕事が入り残業することもあるが、午後5時45分の定時には仕事を終えるのが基本だ。

 百田さんの担当はDNA型鑑定。県内で起きたある性犯罪事件。現場に残された試料を鑑定した結果、被害に遭った女性のDNA型とともに、別のものも含まれていた。警察庁のデータベースにあった男のものと一致。容疑者が浮上し、余罪が明らかになった。

 最近は産休や育休を取得してから職場に復帰し、仕事と家庭を両立させている職員も多いという。「働きやすい職場になってきていると感じる」そうだ。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ