いよいよ本番へ 18日からセンター試験 受験生も準備万端

西日本新聞 四宮 淳平

 大学入試センター試験が18日から始まるのを前に各地の試験会場で17日、会場設営の準備が行われた。なじみのない会場で試験に臨む多くの受験生が下見に訪れ=写真、本番に向けて気を引き締めていた。

 全国一の受験生約8100人を担当する九州大は、大学構内だけではなく、福岡市内の高校4校も会場として設営。伊都キャンパス(福岡市西区)では、教職員が会場案内の看板を設置し、机に受験番号のシールを貼った。試験監督を行う職員向け説明会もあった。

 下見に来ていた福岡市立福岡西陵高3年の小倉碧太(ひろと)さん(18)は「来るべき日がやってきた。今までやってきたことを出し切りたい。きれいな会場で、落ち着いて試験を受けられそう」と話した。
 九州7県の計73会場の志願者数は前年度比1484人減の5万5111人。1990年から続いたセンター試験は今回で最後となり、大学入学共通テストに衣替えする。 (四宮淳平、撮影・佐藤雄太朗)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ