【動画あり】災いサルように、猿面求め行列 福岡市・猿田彦神社

西日本新聞 下村 佳史

 福岡市早良区藤崎の猿田彦神社で18日、厄よけを祈願する初庚申(はつこうしん)大祭があり、縁起物の猿面を求める参拝者で未明からにぎわった。

 猿面を玄関に掛けておくと「災難が去る」と言い伝えられている。木から落ちない猿にあやかり、受験合格の願いを込める人も。大祭は毎年、最初の庚申(かのえさる)の日に催され、今年は週末と重なったため、時折雨が降るあいにくの天気にもかかわらず、1キロ以上の行列ができる時もあった。参拝まで3時間待ったという同区の主婦、遠山よし子さん(67)は「体は冷えたけど、自営業を始めた家族がいるので商売繁盛をお願いできて良かった」と話していた。(下村佳史)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ