真冬の海で水しぶき 福津市で5大学寒中水泳大会

西日本新聞

 福岡、佐賀両県の5大学による寒中水泳大会が18日、福岡県福津市の津屋崎海水浴場であった。新成人47人を含む82人が参加、真冬の海で水しぶきを上げた。

 大学水泳部の新成人を祝う伝統行事で、男子部員は赤ふんどしが恒例となっている。この日の会場は気温12度、水温11度と例年に比べ暖かかったが、風が強く雨も降ったため、体感温度はかなり低くなった。

 海から上がった学生は振る舞いの豚汁で体を温めた。九州大芸術工学部1年、木下晴貴さん(20)は「寒さで身が引き締まり、これまでとは違う自分になった」と笑顔で話した。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ