焦点はそこではない

 神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者19人が殺害された事件の裁判が、この1月に横浜地裁で始まった。

 公判では元施設職員の植松聖(さとし)被告(29)について弁護側が「大麻精神病で人格が変容しており刑事責任能力はなかった」と主張。検...

残り 1208文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR