学校司書を考える 図書館の「心の支え」なぜ消えた

西日本新聞 くらし面 四宮 淳平

学校の「業務」とは?

 子どもにとっての居心地の良さから「第二の保健室」といわれる学校図書館(図書室)の役割が軽視されている。運営を担う司書の配置数は増えてきたが、蔵書の管理や貸し借りだけに職務が絞り込まれたり、複数校の掛け持ちで時間の余裕がなかったりと、子どもと信頼関係を築くのが難しいケースが目立つためだ。学校司書のあり方について、業務委託された民間会社が雇用し、福岡県の中学校に勤務していた女性Aさん(40代)のケースから考えてみたい。

 インターネットで知り合った年上の男性に高額のスピーカーをプレゼントした-。女子生徒からの突然の告白に、Aさんは戸惑いつつもたしなめた。「好きな相手なら手紙でも喜んでくれるんじゃない?」。女子生徒にとって、保護者にも教師にも話せない内容を打ち明けられる大人はAさんだけだった。「図書館に通っていた子で、よくいろんな話をしていた」と言う。昨年のことだ。

 司書は生徒を評価する立場になく、本の話題などを通じて子どもとの関係をつくりやすい。教師から学習態度でよく注意を受けていた別の女子生徒が、後に保護者からの虐待を受けていたと判明したのも、Aさんへの相談が端緒だった。

 Aさんが司書として働き始めたのは約10年前。当初は業務内容通り、面倒な生徒と関わらないようにしていた。「余計なことを言えば、自分たちに返ってくる」。先輩司書からはくぎを刺されてもいた。

 認識を改めたのは騒ぐ生徒を静観していた時、ある生徒から投げ掛けられた一言だった。「注意もできんなら、ただのおばさんやん」。生徒にとっては自分も「一人の先生」なのかもしれない。必要に応じて注意し、悩みに耳を傾ける姿勢の大切さに気付いた。

 勤務先の校長の一人は、Aさんの取り組みを歓迎し、課題を抱える生徒の状況を見極め、支援策を話し合う会議にも出席させた。司書の本来業務でないことは認識していたが、Aさんはやりがいを感じた。

 普段は目立たない生徒も、図書館では自ら描いたイラストを披露し、趣味について熱く語るなどさまざまな個性に触れた。生徒たちの図書館通いが増えてくると、心ない教師から「弱い生徒が図書館に集まる」と、やゆするような言葉も投げ掛けられた。それでも、子どもたちの居場所の一つがここにあると思った。

 昨年度、校長の交代で状況が変わった。「朝から図書館のカウンターで生徒の手を握って話し込み、涙を流している。勘弁してくれ」。新たな校長は「カウンセリングまがい」というAさんの行動を受け入れず、本来業務のみに戻そうと手を打った。

 教頭やほかの教師は「生徒と関わってほしくない」「注意もしないで」と注文するようになり、生徒へのAさんの対応を巡って校長とたびたび口論に。校内で険悪なムードが漂う中、勤務時間を巡っても「オーバーしてるから昼休みを中心に勤務してほしい」と主張する校長と、生徒が訪れる朝も開館する必要性を感じたAさんは対立した。

 そのうち、問題行動のある生徒がAさんとトラブルになり、地元の教育委員会や校長は、Aさんを雇っている民間会社に学校での一連の状況などを「司書行為を逸脱している」などと報告。会社はAさんを出勤停止とし、その後に異動命令を出したが、Aさんは異動に従わずに解雇された。

 教委が民間会社に司書業務を委託した仕様書には、12項目の業務内容がある。いずれも図書資料や図書利用に関するものばかり。教育委員会の担当者は「基本的に生徒とは関わらない業務」との認識で、騒がしい生徒がいた場合は「どこでも大人が子どもに注意することはあるし、その範囲で対応してもらえれば」と説明する。

 明記された業務内容からは確かに、生徒の相談に乗り教職員とともに解決策を考えることまでは読み取れない。ただ、あえてルールを一歩踏み出したAさんに、かつて関わった生徒たちは「精神的に支えてくれた」などと今も感謝し「子どものための図書館であってほしい」と訴える。

 Aさんは言う。「子どもに指導せず、面倒な関わりも持たない方が業務は楽です。でも、果たしてそれでいいのでしょうか」

指針では教育活動も明記

 文部科学省の調査によると、学校図書館の司書は2016年4月時点で、全国の国公私立小学校の59・2%、中学校の58・2%、高校の66・6%に配置されている。ただ、民間業者への委託の場合、含まれていないケースもある。全国学校図書館協議会などが全国の市区町村教育委員会を対象にした19年の調査(回収率35・8%)では、フルタイムの正規職員の割合は1・4%、正規もしくは臨時・嘱託の両方の司書がいるのは4・7%だった。

 文科省が定める学校図書館ガイドラインでは「学校教職員の一員として職員会議や校内研修等に参加するなど、学校の教育活動全体の状況も把握した上で職務に当たることも有効」と明記する。ただ、業務委託の場合、学校長らが司書に直接指示を出すことは「偽装請負行為」とみなされるため、ほかの教職員と柔軟に協力しにくいとされる。また1人の司書が複数校を受け持つケースも、1校当たりに費やせる時間が短く、教職員の一員としての司書の立場が形骸化しやすいとの指摘もある。

(四宮淳平)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ