大きさ神話に惑わされるな【しもじもの話】

西日本新聞 くらし面

 生まれたときに「オチンチンがあるから男の子ですよ」と言われるように、ペニスは男性の象徴です。

 浮世絵の春画では、巨大なペニスが描かれています。ギャグ漫画でも「権力の象徴」や「征服と敗北感」を表すために、ペニスは過度に強調されています。さらに、古来より日本では五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄に結びついた性器崇拝の信仰があり、全国各地にペニスの形をしたご神体が金精神(こんせいじん)としてお祭りしてあります。

 誇張と分かっていても、大きなペニスに力があるかのような表現を目にすれば、やっぱりサイズにこだわってしまうのが男心。多くの男性はより大きなペニスを男らしいと思い込んでいるようです。他人と比較して自分の方が大きければ「勝った」と優越感が湧いたり、小さければ「負けた」としょんぼりしたり。「小さいのではないか」という心配は男性としての自信の喪失につながることも。

 通常、男性は自分のペニスを上から見下ろしているため、見る角度による縮小効果で、実際のサイズより小さく見えてしまいます。そのため、公衆トイレや銭湯などで他の男性のペニスを横から見た印象と比べ、「俺のは小さい」と思ってしまいがちです。

 不安解消のために、こっそり平均の大きさを調べるときは、要注意です。例えばネットで検索した平均サイズが○○センチと記載されていても、どんな測り方をしたかで結果は大きく違ってきます。実際、コンドームメーカーや雑誌社が行っている自己申告による調査では、医師が実測した調査と比べ、0・9~2・4センチも大きくなっていました。

 このように、正確性に乏しいものと比較して「やっぱり俺のは小さい」と落ち込む必要はありません。身長に高い低いがあるように、ペニスにいくらかの大小があることは確かです。けれども、それが人の評価基準にならないのは、身長もペニスも同じです。

 立ちションに不自由しない長さがあり、必要なときに勃起すれば、それ以上の心配はご無用。ペニス増大サプリや増大器具は、期待するような効果は得られないので、不要です。 (泌尿器科医)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ