【やさしい日本語】昔(むかし)から 作(つく)っている 布(ぬの)で、新(あたら)しい 服(ふく)を 作(つく)る

西日本新聞

福岡(ふくおか) (けん) には、(むかし) から「久留米(くるめ) (がすり) 」という  (ぬの) が  あります。

久留米(くるめ) () など、(けん) の  (みなみ) (ほう) で  (つく) ります。

久留米絣(くるめがすり) は  () い  青色(あおいろ) で、(まる) や  (さん) (かく) の  もようが  ついています。

東京(とうきょう) の  有名(ゆうめい) な  洋服(ようふく) の  (みせ) が、  久留米絣(くるめがすり) で  (あたら) しく  (ふく) を  (つく) りました。

福岡(ふくおか) (けん) が  手伝(てつだ) いました。

久留米絣(くるめがすり) を、たくさんの  (ひと) に  () ってもらって、使(つか) ってもらうためです。

スカートや  シャツなどの  女性(じょせい) の  (ふく) を  (つく) ります。3(がつ) から、  福岡(ふくおか) () や  久留米(くるめ) () で  () ります。

福岡(ふくおか) (けん) の  (ひと) は「とても  いい  (ふく) が  できました。久留米絣(くるめがすり) を  () らない  (ひと) も、() きに  なってくれると  (おも) います」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ