【動画あり】3月運行の新型車両にスマートドアを導入 JR九州

西日本新聞 長崎・佐世保版 岡部 由佳里

 JR九州は20日、3月14日のダイヤ改正で長崎-佐世保間に導入する新型車両「YC1系」の内部を公開した。乗降時に乗客自らがボタンを押してドアを開閉する「スマートドア」を採用。九州内の一部区間で既に同様のドアを導入しているが県内は初めて。

 スマートドアは、列車が駅に到着しても自動でドアは開かず、乗客がドア横の青いボタンを押して開け、車内のみ設置された黄色いボタンを押せば閉まる。列車がすれ違う場合など駅で長めに停車する際、乗客自らが開閉して車内の冷暖房の効果を維持できる。

 車内に乗客がいなくなるなどして開いたままになっても、発車時は乗務員がすべてのドアを閉める。一部の駅では、駅員が不在で運転士が運賃収受する時間帯は、スマートドアを使用できず、従来通り先頭車両のドアから乗降する。 (岡部由佳里)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ