元タカの松中氏ら児童に夢語る授業 福岡市の舞鶴小

西日本新聞 ふくおか都市圏版 久保 安秀

 スポーツ選手やアーティストが子どもたちに夢を持つことや挑戦の大切さを教える「夢の課外授業」(二十一世紀倶楽部、福岡市教育委員会主催)が20日、福岡市中央区の舞鶴小であった。プロ野球福岡ソフトバンクで活躍した松中信彦氏と男子ハンドボールの「ゴールデンウルヴス福岡」に所属する国分晴貴、徳永侑也、野口智秀の3選手が講師となって5年生110人に授業を行った。

 松中氏と3選手はそれぞれ実技を披露した後、児童代表とハンドボールで対戦。児童から質問を受けた松中氏は「ゴールに向かって一気にジャンプするのは難しい。夢に近づくために時期を決めて目標を一つ一つクリアしていくことが大事。いろんなことにチャレンジしてほしい」と夢実現への思いを語った。児童の一人は「思い切りバットを振るのは楽しい。ハンドボールは面白かったし、またやってみたい」と話していた。 (久保安秀)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ