島原に「サヴィニャック街道」 仏の巨匠ポスター70カ所展示

西日本新聞 社会面 真弓 一夫

 フランスを代表する商業ポスターの巨匠レイモン・サビニャック(1907~2002)の収集家、長崎県南島原市の近藤良明さん(67)が、島原半島のカフェや公共施設に展示中の作品を巡ってもらう「サヴィニャック街道」を提唱している。半島周遊ガイドマップも1月中に完成予定で、地元から観光振興の期待もかかる。

 近藤さんは元学校事務官。仕事疲れで休職していた50代後半のとき、地元の美術展示会でサビニャックの一枚のポスターに引きつけられた。タイトルは「睡眠=安定」。描かれていたのは、青い月夜に静かに眠るピンクのフラミンゴ。睡眠不足による病気の阻止を訴えるフランスの大学の健康保険組合のポスターだ。

 期間中、何度も通った。「全てが嫌になっていたが、見つめると気持ちが安らいだ」。作品収集を始め、数年後にはこの作品も入手。眺めては疲れを癒やし、仕事に励んだ。

 サビニャックは20世紀後半、航空会社からせっけんメーカーまで千点以上のポスターを手掛けた。1世紀を超えて愛される日本のチョコレートの広告も。シンプルでユーモラスな作風は訴求力があり、今でも世界中で愛される。

 退職した7年ほど前から「この魅力を伝えたい」と島原半島を中心にカフェや商店、宿泊施設、図書館、学校に作品を無償で展示し、定期的に入れ替える活動をスタート。地元の歓迎で展示場所は70カ所近くに増え、鑑賞マップの作成で、自身が提唱する「サヴィニャック街道」をPRすることにした。コレクションはビンテージ物など一級品約130点を含む約800点。「フランス文化が詰まった作品を、観光と情操教育に役立てたい」。 (真弓一夫)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ