若い歌声、北九州に響け 平均年齢20代 合唱団「はぐるま」2月初公演

西日本新聞 北九州版 竹次 稔

 北九州市内で働く若い社会人を中心とした合唱団「はぐるま」が2月15日、初めての演奏会を戸畑市民会館(戸畑区汐井町)で開く。「北九州市内は子どもたちやシルバー世代の活動は盛んだけど、若手の合唱団が見つからない。私たちも地元で歌いたい」と、会員制交流サイト(SNS)を中心に参加を呼びかけたのは約1年前。想定を超えて同じ思いの仲間が集まり、本番前の練習に力が入っている。

 団長の渡邊夕夏里(ゆかり)さん(24)=小倉北区=らは「地元で歌いたい気持ちはいつもあるけど…」との思いが募り、高校の合唱部の先輩などに相談。それなら自分たちでまず集まろうと、見切り発車で最初の練習場所をSNSで発信したのが昨年2月。同3月の初練習に約20人も集まって驚いた。

 メンバーは高校生から50代までの男女30人弱で、平均年齢は20代後半。大学や高校生時代までに合唱部などで活躍してきた地元の社会人がほとんどという。

 同4月、個性がかみ合って一つになる合唱と工業都市北九州をイメージして名称を決めた。それから毎月3回ほど仕事帰りや土曜日に練習を重ねた。今も毎週数件、見学などを希望する問い合わせが続いている。

 合唱団の指揮者を務め、フリーの音楽家として活動する永田和也さん(26)=戸畑区=も設立当時から関わる。「ブランクがあったメンバーも、基礎的な練習を重ねてようやく歌声が良くなってきた。北九州の若手の合唱団ははぐるまがあるよ、と認識されるよう活動を盛り上げていきたい」と話す。

 演奏会は午後6時から。入場料は一般千円(学生800円)。問い合わせはメール=choir.haguruma@gmail.comで。 (竹次稔)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ