ギャンブル依存症対策へ初会合 福岡県推進委、予防教育や支援計画

西日本新聞 九州+ 小林 稔子

 福岡県は20日、政府が都道府県に求めているギャンブル依存症対策の指針となる推進計画の策定に向け、「県ギャンブル等依存症対策推進計画策定委員会」(委員長・楯林(たてばやし)英晴県精神保健福祉センター所長)の初会合を県庁で開いた。5月までに計3回の会合を開き、予防教育や相談・治療・社会復帰支援などを盛り込んだ計画をまとめ、6月に公表する予定。

 委員は医療関係者や支援団体、弁護士、司法書士ら計18人。冒頭、県の担当者は、ギャンブル依存症は早期支援や適切な治療により回復できるにもかかわらず、当事者や家族が依存症という認識を持ちにくく、医療機関や相談支援体制が乏しいといった理由で必要な治療や支援を受けられていない現状を報告した。

 2017年度全国調査によると、依存症が疑われる人は推計で320万人という。 (小林稔子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ