地雷撤去へ書き損じはがきを 福岡市の法人、カンボジアでの活動費に

西日本新聞 社会面

 カンボジア国内に残る地雷の撤去に取り組んでいる一般財団法人カンボジア地雷撤去キャンペーン(CMC、福岡市)は、現地での活動資金調達のため書き損じ年賀はがきなどの提供を呼び掛けている。

 対象は書き損じや未使用のはがき、切手、テレホンカード、図書カードなど。回収したはがきなどはCMCが国内で換金し、2月にカンボジアの地雷撤去団体などへ手渡されるほか、CMCの活動資金としても活用される。2018年度は約595万円分が寄せられたという。

 CMCの大谷賢二理事長によると、カンボジアには地雷や不発弾などが推定300万発残存。はがき3枚分(約100円)で1平方メートルから地雷撤去が可能という。問い合わせはCMC事務局=092(833)7575。送付先は〒814-0002 福岡市早良区西新1の7の10の702、CMC事務局。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ