「はだしの王者」と呼ばれたエチオピアのマラソン走者アベベさん…

西日本新聞 オピニオン面

 「はだしの王者」と呼ばれたエチオピアのマラソン走者アベベさん。その名を世界に知らしめたのが1960年のローマ五輪だ。アフリカの無名選手が古都の石畳をはだしで駆け抜け、世界記録を塗り替えた

▼そのはだしの王者に靴を履かせた日本人がいた。アシックス創業者の故鬼塚喜八郎さんである。マラソンシューズの開発に取り組んでいた鬼塚さんは、大会出場のために来日していたアベベさんを訪ね直談判した

▼「日本の道路は、はだしでは危ない。軽いシューズを作るので使ってほしい」。最初は渋ったアベベさんだが、提供されたシューズで走った大会は見事優勝。これをきっかけに同社の評価は一躍高まった

▼64年の東京五輪。多くの日本選手が同社シューズを履いて活躍した。ただし肝心のアベベさんは使用契約を結んだ外国企業のシューズで2大会連続の金メダル。鬼塚さんはさぞ悔しかったろう

▼選手は「勝てる」用具を求める。応えようとメーカーも鬼塚さんのように心血を注ぐ。だが、用具で勝敗が決まれば競技の公平性は損なわれる。陸上長距離で好記録が続出している米ナイキ社の厚底シューズが使用禁止になると報じられた。2度目の東京五輪まで半年。選手はさぞ困惑していよう

▼技術の進歩にルールが追い付かないのが悩ましい。公平を貫くなら、全員がアベベさんに倣いはだしになるか、同じシューズを使うしかないが…。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ