中村哲さんのお別れ会 25日、西南学院大チャペル

西日本新聞 社会面 中原 興平

 戦乱と干ばつに苦しむアフガニスタンで人道支援を続け、昨年12月に現地で凶弾に倒れた中村哲医師(73)のお別れ会が25日、福岡市の西南学院大のチャペルで開かれる。

 中村さんを支援してきた福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」(村上優会長)が主催する。アフガンでの活動を紹介するDVD上映の後、遺族や駐日アフガニスタン大使らがあいさつし、著書の朗読や献花が行われる。

 中村さんは福岡市出身で、1984年にパキスタンの病院に赴任後、隣国アフガンにも活動を拡大。2000年に起きた大干ばつを受けて、同国でかんがい事業を始めた。建設した用水路は福岡市の面積の約半分に当たる約1万6500ヘクタールを潤し、昨年にはアフガン名誉市民権を授与された。

 午後1時開場、同2時開式。出席者用の駐車場はなく、公共交通機関での来場を呼びかけている。 (中原興平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ