「心の中にいつも」仲間への思い手紙に HKT田中美久、初ソロコン24曲

西日本スポーツ 古川 泰裕

 HKT48の田中美久(18)が23日、東京ドームシティホール(東京都文京区)で、自身初のソロコンサートを開いた。アイドルとしての魅力がはじける正統派ナンバーから、自身とゆかりの深いメンバーの曲、さらに故郷・熊本への思いもつめこんだ「わたしのふるさと」まで24曲を披露。グループの新エースとして、堂々たるパフォーマンスでファンを魅了した。

 「みんなで一緒にみくもんもん」と題した約2時間のライブでは、1曲目からあでやかな和装で「千本桜」を熱唱。意外な選曲と挑発的な視線でファンを沸かせた後は、和風にアレンジしたHKTの「12秒」も生バンドの演奏で披露した。MCをはさんだ後は、片思いの少女を演じる映像とリンクしながら松浦亜弥の「桃色片想い」をカバー。打って変わって、満面のスマイルを浮かべ、序盤からさまざまな表情を見せた。

 中盤には世界的な人気を誇るゆるキャラのくまモンが登場。「くまモンありがとう!」。同郷のスーパースターと一緒に踊りながら、こちらも同郷のアイドル・森高千里の「この街」と「私がオバさんになっても」を歌い、セーラー服姿で往年の森高に負けない美脚を見せつけた。

 18年のAKB48選抜総選挙で10位に入り歌唱メンバーとなった「センチメンタルトレイン」など3曲を歌うと、コンサートも終盤に。盟友・矢吹奈子の「いじわるチュー」、先輩・宮脇咲良の「夢でKiss me!」、卒業した兒玉遥センターの「大人列車」を立て続けに披露。パートの最後には、美久に厳しくも温かいエールを送り続けてきた指原莉乃のセンター曲「ジワルDAYS」を歌った。曲中には、それぞれの仲間、先輩たちへの思いを込めて手紙を読み上げた。

 

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ