筑後川水系に監視カメラ 国交省、梅雨前に簡易型18基設置へ

西日本新聞 九州+ 山口 新太郎

 国土交通省筑後川河川事務所(福岡県久留米市)は、今年の梅雨時期までに国管理の筑後川と支流に計18基の簡易型監視カメラを設置する。堤防が低いなど洪水の危険がある場所や、内水氾濫の恐れがある支流と本流の合流部などに配備。大雨時には、水位が上がる画像を国交省のホームページでリアルタイムに配信し、避難行動を促す。

 河川事務所によると、カメラは本流を中心に既に70基あるが、設置費を含め1基700万~800万円かかる場合もあり、高額のため必要な場所全てには普及していない。

 今回の簡易型監視カメラは国交省と民間企業が共同開発した。太陽電池を備え、無線で画像データを送信するため、電源や通信ケーブルがいらない。ズームや首振り機能などはなくし、設置費を含め1基約100万円に抑えた。静止画像を5分間隔で公開する。

 今回の18基は、同県うきは市-久留米市の筑後川本流6カ所▽久留米市の巨瀬川4カ所▽同県朝倉市の佐田川2カ所▽同県小郡市と佐賀県鳥栖市の宝満川2カ所▽同県神埼市の城原川2カ所▽大分県日田市の庄手川1カ所▽久留米市の広川1カ所-に設置する予定。 国交省九州地方整備局によると、九州では筑後川水系を含め計約130基を設置する方針。(山口新太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ