ぐうたら猫、金持ち猫、気弱な猫、働き者猫、慈愛深い長老猫…

西日本新聞 オピニオン面

 ぐうたら猫、金持ち猫、気弱な猫、働き者猫、慈愛深い長老猫…。さまざまな個性の猫たちが歌やダンスで自らの生き方を表現する。人気ミュージカル「キャッツ」。映画版がきょう公開される。映像ならではの手法で猫たちが魅力的に描かれている

▼物語は満月の夜。ロンドンの片隅で猫たちの舞踏会が開かれる。そこで選ばれた一匹だけが、天に昇って新しい「人生」を生きることを許される

▼一つの国が新しい「人生」を生きることも。英国が今月末で、さまざまな個性を持つ国々の集まりである欧州連合(EU)を離れる見通しになった。2016年の国民投票で離脱を決めてから、3年半にわたってすったもんだしてきたが、先月の総選挙でやっと決着した

▼EU域内では人やモノなどが自由に往来できるといった恩恵を受ける一方で、EUのルールに縛られて主権は制限され、移民の流入にも不満が高まった。キャッツの舞台の国の英国は、束縛を嫌う猫のように自主自立の道を選んだ

▼キャッツは劇中歌「メモリー」が有名。仲間から孤立した猫が歌う。♪メモリー 月明かりの中/美しく去った 過ぎし日を思う/忘れない その幸せの日々/思い出よ 還(かえ)れ

▼EU離脱に伴う英経済への悪影響や混乱が予想される。通商協定の再交渉も難題だ。天に昇る心地になれればよいが、孤立し、EUの一員だった日々が幸せのメモリーとなりはしないか。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ