日本の新型肺炎対策

西日本新聞

 政府は新型コロナウイルスに感染した人の入国を防ぐため、全国の空港や港で水際対策を講じている。中国からの全航空便で体調不良の自己申告を機内アナウンスで呼び掛け、発熱時の対応などをまとめた「健康カード」を配布。検疫所ではサーモグラフィーで入国者に発熱者がいないか調べる。滞在歴などから感染が疑われる人がいた場合は医療機関から保健所に報告を求める。全国の衛生検査所でウイルス検査を実施できる態勢を整備。外務省は中国・武漢市への不要不急の渡航をやめるよう求めている。

関連記事:新型肺炎に九州恐々 中国人客続々、春節連休スタート

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ