養生の要諦は畏れと慎みにあり

西日本新聞

 「養生の要諦は、畏れるという一言で言い表せる。それは天地自然をいつも畏れ敬い、欲を慎んで我慢することだ。それこそが、身を守る心の法である。畏れるという感情は、慎みにつながる。畏れがなければ慎みは生まれない」養生訓より

 畏敬の念というのは、崇高な存在に対して抱くものです。益軒翁の時代は「天」という存在がありました。現代では逆に、宇宙飛行士は青い地球を見て崇高さを感じるそうです。(橘京平)
―――――――
 貝原益軒(1630~1714年)は、福岡藩に仕えた儒学者で医師です。博物学者、教育者でもあり、当時としては超人的長寿の84歳で没するまで「養生訓」「楽訓」「和俗童子訓」など多くの著書を遺しました。福岡の大先輩で、人生の達人とも言える益軒翁の言葉を、現代風に解釈して紹介します。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ