[クローズアップ]病んでいた珍蝶の国 患者の治療に飛び込む

西日本新聞 夕刊

<この記事は1986年8月30日付夕刊に掲載されたものです>

◎パキスタンの辺境の町でハンセン病治療にあたる 中村哲さん(39)

 小学生のころは、蝶のコレクションに夢中だった。蝶を野や山で追いかけているうちに、山が好きになった。8年前、福岡登高会の一員として、パキスタンとアフガニスタン国境にそびえるヒンズークシ山脈のティリチ・ミールに登山。「珍しい蝶がいる」と聞いて、子供の時からあこがれていた山である。だが、そこで見たものは山奥の石小屋に閉じ込められたハンセン病患者だった。

石小屋

 集落を離れ山に入るにつれ、ポツン、ポツンと石造りの小屋。「あれは何か」と尋ねても、地元の人は口を開かない。やっと聞き出したのが「病人がいる」だった。

 ハンセン病は、菌の持続的感染と栄養不良が重なり発病。末しょう神経障害から、手足の変形や脱落へと進行する。現在は長期にわたる投薬で悪化を防止できる。しかし、この病気に偏見がつきまとうのは、松本清張の「砂の器」でもよく知られる。パキスタンではハンセン病患者が見つかると、一家が村八分になる。そこで人目を避け石小屋に隠すのだ。「医者の一人として何かできないか」。蝶どころではなくなった。

 帰国後、ネパールの結核対策に尽力した岩村昇医師の話を聞く機会に偶然ぶつかった。そして、いつの間にかパキスタンのハンセン病患者を見て感じたことを話していた。岩村さんからは「JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)に連絡してみなさい」のアドバイス。そのJOCSは、ちょうどヒンズークシの山ろくにあるペシャワル市の病院でハンセン病治療に当たる医師を探していた。

反戦運動

 福岡市生まれ。福岡高から九州大医学部に進んだ。自治会役員を務めていた1968年6月、米軍機が九州大に墜落。「反戦運動の先頭に立った。しかし、いろいろあって…」

 翌年、大学から飛び出し、新聞求人欄で見つけた工場で働き始めた。「医学も捨てようと思った」時期だった。だが、結局半年で大学に戻り、8年かかって卒業した。

 専門はハンセン病ではなく神経内科。卒業後、佐賀県の国立肥前療養所で重度心身障害児を、あるいは大牟田労災病院では炭鉱事故による一酸化炭素中毒の後遺症患者を担当した。「行政や世論に忘れられたところで働きたい、みたいなところがあるんですかねえ」。自分で首をかしげて笑った。

 ハンセン病治療と熱帯病の研修を受け、4年前からペシャワルに。まず、治療薬が現地語でどう言うか説明するのに苦労した。民族により言葉が英語、パシュトゥ語、ペルシャ語、ウルドゥ語と異なる。

 ペシャワルでは、銃の所持は自由。復しゅうのの習慣もある。回復した患者から「お礼に先生が気にくわないやつを殺してあげましょう」なんて持ちかけられたことも。また「女性が外出しない習慣があるため、妻=尚子さん(33)=は、つらいでしょう。2人の子供は友達もできたけど」と気遣う。

 治安も悪い。「ことしになってからだけで病院の半径5百メートルで7、8件も爆弾事件があった」という。週に1度は、アフガニスタン国境まで往診に出かけるが、ここはアフガンゲリラの本拠地。「危険だけど、難民にはハンセン病患者が多いんですよ」

サンダル

 いま力を入れているのが患者用サンダルの製作だ。ハンセン病患者は、足の感覚がないため、悪い靴を履いてマメができてもそのまま放置。つぶれて細菌が入り敗血症などになる。防止するためスポンジ入りサンダルを作っている。「ほかの医者には”靴屋さん”って冷やかされる」という。

 ペシャワル地方では、千人当たり5~6人がハンセン病患者。日本は全国で8千人。「もっと多いインドやネパールには海外の医療協力も厚いが”その次”のパキスタンが問題。私はペシャワルが好きだからやっているので、別に気高いことをしているわけじゃあないですよ。楽しいことですか。患者の病気がよくなっているのを見る時ですね」――柔和に笑っていた目に一瞬鋭い光が走った。(文=大西直人記者 写真=合原光徳記者)

ペシャワール会
 中村さんを支援するため、友人や知人が結成。会員は全国で約2千人。現地での医療機器購入やサンダル製作などに会費を充てる。同会は30日午後6時半から、福岡市中央区天神5丁目の同市民会館小ホールで、研修のため帰国中の中村さんを招き講演会を開く。入会申し込みは、福岡市中央区大名1丁目、福岡YMCA内、同会事務局=092(781)7410=へ。

1986年8月30日付夕刊の記事

 

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ