工藤監督、素根選手ら栄誉 西スポ賞 2団体2個人に贈られる

西日本新聞 一面

 九州・沖縄のスポーツ界で顕著な業績を残した個人や団体をたたえる第65回西日本スポーツ賞(共催・テレビ西日本、協賛・富士通)の贈呈式が26日、福岡市・天神の天神スカイホールであり、2団体、2個人に表彰状などが贈られた。

 アマチュア関係では、昨年日本で開催されたラグビーワールドカップ(W杯)で多くの九州ゆかりの選手を擁して初の8強入りを果たした日本代表チームが初受賞。昨年、全国総体と全国選手権の高校2冠に輝いた福岡第一高男子バスケットボール部が3年ぶり3度目の受賞となった。柔道で昨年の世界選手権とグランドスラム大阪大会の女子78キロ超級を制して同競技の東京五輪代表第1号となった素根輝(あきら)選手(19)=環太平洋大、福岡・南筑高出身=が初受賞。プロフェッショナル関係ではプロ野球で福岡ソフトバンクホークスを球団初の3年連続日本一に導いた工藤公康監督(56)が初の栄誉に輝いた。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ