寿域に達せざれば人生楽しめず

西日本新聞

 「人は50歳にならないと血気が安定せず、知恵を全開にできない。若いうちは古今の出来事にも疎く、世の変化にも慣れない。60歳以上の寿域に達すれば楽しみも多くなり、有意義に感じることが増える。何としてでも養生して寿域に達してほしいものだ」養生訓より

 ちなみに織田信長は「人生50年、下天のうちを比ぶれば」と謡い、50歳になる前に没しました。彼が長生きしていたら楽しみを知り、性格も少し温和になったかもしれませんね。(橘京平)
―――――――
 貝原益軒(1630~1714年)は、福岡藩に仕えた儒学者です。医学者、博物学者、教育者でもあり、当時としては超人的長寿の84歳で没するまで「養生訓」「楽訓」「和俗童子訓」など多くの著書を遺しました。福岡の大先輩で、人生の達人とも言える益軒翁の言葉を、現代風に解釈して紹介します。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ