体の外敵はすばやく防御すべし

西日本新聞

 「人の体は弱く、風前の灯火のように消えやすい。とくに風、寒、暑、湿という外敵に出くわしたら、忍んではいけない。四方を敵に囲まれた時のように、油断せず城を守り通し、退却することだ。兵法で言えば、用心して早く退くに尽きる」養生訓より

 内欲は我慢しろ、と益軒翁は言っていますが、病気のもとになる外敵は近づけずに逃げろ、と強調しています。医者でもあった益軒翁の経験からくる知見ですね。(橘京平)
―――――――
 貝原益軒(1630~1714年)は、福岡藩に仕えた儒学者です。医学者、博物学者、教育者でもあり、当時としては超人的長寿の84歳で没するまで「養生訓」「楽訓」「和俗童子訓」など多くの著書を遺しました。福岡の大先輩で、人生の達人とも言える益軒翁の言葉を、現代風に解釈して紹介します。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ