「ライオンズ南郷駅」キャンプ地の顔 高校生発案で球団色に 宮崎

西日本新聞 一面 古川 剛光

 プロ野球埼玉西武ライオンズの主力選手のキャンプ地、宮崎県日南市の南郷中央公園の最寄り駅となるJR日南線南郷駅(同市南郷町)が球団カラーに塗られ、愛称が「ライオンズ南郷駅」になる。過疎化などで鉄道利用者が年々減少する中、地元高校の3年生4人がプロジェクトを立ち上げ、球団やJR九州などの協力を得た。地域浮揚の夢を乗せ、2月2日のお披露目で新たな出発を祝う。

 企画したのは、南郷町出身で日南振徳高、日南高の計4人でつくる「BCL(Blue City Leo)プロジェクト」。駅舎の壁は青を基調とした球団カラーで塗り、日南海岸の波も表現。構内には球団の本拠地メットライフドーム(埼玉県所沢市)の観客席も備える。

 代表を務めるのは球団マスコット「レオ」と同じ名の岩崎礼生(れお)さん(17)=日南振徳高3年。昨夏、構想を地元のビジネスコンテストで発表し2位になった。「駅を球場のような雰囲気にして、生まれ育った町や通学で使った駅に恩返ししたい」と球団とJR九州に直訴し、実現した。

 4人がインターネットで寄付を募ると全国の461人から409万5千円が集まり、住民からも協賛金など約160万円が寄せられた。日南市では2018年にも広島東洋カープのキャンプ地、天福球場に近いJR油津駅が愛称「カープ油津駅」として赤く染められ、キャンプ時の駅利用者増につながっている。

 卒業後は東京で就職する岩崎さんは「南郷町にはカツオの一本釣りやマンゴーなど誇れるものがたくさんある。多くの人に古里を訪れてほしい」と話している。 (古川剛光)

宮崎県の天気予報

PR

宮崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ