電子マネーカード詐欺、コンビニ店員防ぐ 日田署が感謝状

西日本新聞 大分・日田玖珠版 笠原 和香子

 特殊詐欺被害を防いだとして、日田署は27日、大分県日田市本町のセブン-イレブン日田本町店で働く石井小百合さん(46)=同市小迫=と上村渉さん(31)=同市隈=に感謝状を贈った。

 署などによると、昨年12月19日午後3時ごろ、来店した市内の60代女性が上村さんに電子マネーカードの置き場所などを質問。女性はカード購入時の店員への対応方法を書いたメモを持っており、不安そうな様子だったという。上村さんと石井さんの2人は、女性から詳しく話を聞いてカードの購入をとどまらせ、警察に電話するようアドバイス。女性は署に相談し、被害を免れたという。

 女性はインターネット利用中にウイルス感染の警告が表示されて問い合わせたところ、対策ソフトの購入代金として7万円分の電子マネーカードを求められ、購入しようとしていた。

 上村さんは、過去に電子マネーカードの詐欺被害にあったと常連客に聞いたことがあり、「同じようなことがあれば絶対に防ごう」と考えていた。上村さんは「店員が意識するだけでなく、お客さんも気軽に店員に相談してほしい」と話していた。 (笠原和香子)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ