「マスク着けるしか」新型肺炎に運転手感染 九州の交通事業者戸惑う

西日本新聞 一面 山下 真 郷 達也 布谷 真基 向井 大豪

 中国・武漢市からのツアー客を乗せた奈良県在住バス運転手の新型コロナウイルス感染が確認された28日、九州の交通事業者や旅行関係者からは、乗務員や添乗員がマスクを着用しても感染を完全に防ぐのは難しいことから「早期の感染終息を願うしかない」と不安の声が聞かれた。

 国内有数の規模でバス事業を担う西日本鉄道(福岡市)は対応を急ぐ。外国人客の玄関口となる福岡市の福岡空港や博多港を発着するバスを運行しており、福岡都市圏の各営業所にマスクを配備。乗務員に着用を呼び掛ける。

 外国人客に人気が高い観光列車を運行するJR九州の青柳俊彦社長は28日の記者会見で「従来はサービスの観点で(乗務員などの)着用をためらっていたが、マスクをすることがサービスと考え、着用を奨励している」と語った。

 タクシー大手の第一交通産業(北九州市)は、以前から運転手のマスク着用を推奨し、希望する乗客にも配布できるようにしてきた。奈良県内のバス運転手が感染したことを受け「乗務員へのマスクの着用を徹底させたい」としている。

 福岡県旅館ホテル生活衛生同業組合の井上善博理事長は「見た目では感染の有無は分からない。完全に防ぐのは困難だ」と頭を抱える。経営する温泉旅館では対策を徹底しているが、宿泊客には「具合が悪い人は連絡を」と呼び掛けるくらいで、検査を依頼するのは難しいという。

 旅行会社の添乗員もバス運転手のように外国人客との濃厚接触が避けられない。福岡市の旅行代理店の担当者は「添乗員から『お互いにマスクを着けさせてもらっていいでしょうか』とツアー客にお願いしてガイドするしかない」と指摘。添乗員は日中、客と同行するため、朝夕に体温を測るなど自己管理を徹底する。

 国土交通省は28日、全国のバス事業者とタクシー事業者に、従業員の感染が疑われる場合は速やかに国へ届けるよう注意喚起。運転手の感染予防として手洗いやうがいの徹底も呼び掛けた。 (布谷真基、郷達也、向井大豪、山下真)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ