暖冬異変?ピンクと黄色のツバキ“共演” 久留米市

西日本新聞 社会面

 福岡県久留米市草野町の「世界のつばき館」で、ピンク色のハイドゥン(ベトナム原産)と、黄色のキンカチャ(中国原産)という2種類のツバキの花が同時に見頃を迎えている。

 田中雅秀館長によると、暖冬の影響でキンカチャが例年より2週間ほど早い年明けから開花。このためキンカチャより時期の早いハイドゥンと見頃が重なった。田中館長は「こんなことは初めて」と驚く。

 つばき館では2月10日まで「ハイドゥン展」、2月1日~3月1日に「金花茶(キンカチャ)展」が開かれる。例年なら“共演”する花は少ないが、「今ならばっちり2倍楽しめます」。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ