台所と農業を結ぶ「循環」の知恵 福岡県大木町、 生ごみ抑制の歩み

持続可能な地域を模索

 バイオガスプラント「おおき循環センター・くるるん」を核に、台所で出る生ごみなど可燃ごみの発生量を、全国平均の40%にまで減らすことができた福岡県大木町。廃棄物の発生抑制や有効活用がうたわれた、循環型社会形成推進基本法...

残り 1606文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR