車体に重機のシルエット画 九州新幹線にラッピング車両

西日本新聞

 JR九州は1日、九州新幹線で建設機械大手キャタピラー(CAT)社のラッピング車両の運行を始めた。重機が九州で活躍するシルエット画が目を引き、4月末まで博多―鹿児島中央間を走る。

 800系1編成を使用し、キャタピラー社のイメージカラーである黄色を帯状にデザイン。福岡市のJR博多駅で出発式があり、キャタピラージャパンのジョー・モスカト代表執行役員が出発の合図をした。

 CATにちなみ、愛称を「キャットトレイン」と命名したJR九州の青柳俊彦社長は「九州を元気にする新幹線。ぜひかわいがって」とあいさつした。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ