HKT豆まきに1000人  オープントップバスの上から「福岡に『福』を」

西日本スポーツ 古川 泰裕

 節分を前にした2月2日、福岡市・天神の新天町時計塔前メルヘン広場で「新天町節分祭」が初めて開かれ、HKT48の田中美久、森保まどか、運上弘菜が参加した。福岡市内で観光に使用される2階建てのオープントップバスに乗り込み、「鬼は外、福は内」と声を上げながら、豆袋やお菓子、新天町内で利用可能な商品引換券が入った小袋を投げた。3人を代表して、田中美久が「みんなで福岡に『福』を呼び込みましょう」とあいさつした。

 豆まきは午後2時と3時に2回実施。主催者は1回につき約600人の集客を想定していたが、HKTファンや買い物客らを含め1000人を超える人が集まり、通行も困難な状態に。4000個以上用意したという豆袋やお菓子もあっという間になくなり、関係者も驚いていた。(古川泰裕)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ