玄海町長辞任せぬ意向 100万円授受「信頼回復努める」

西日本新聞 社会面 津留 恒星

 佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長(63)が福井県敦賀市の建設会社「塩浜工業」から現金100万円を受け取っていた問題で、脇山町長が「町長として信頼回復に努めたい」として辞任はしない意向を周囲に伝えていることが2日、分かった。問題発覚以降、脇山町長は「後援会と相談する」と述べ、進退に関しては明らかにしていなかった。

 脇山町長の後援会は1日夜に開いた役員会で、町長の進退問題を協議。辞任を求める声はなかったものの「(町長を)続ける場合は厳しい処分が必要」などの意見が上がり、最終的には町長本人に判断を委ねることにしたという。

 関係者によると、脇山町長は役員会の結論を伝えた後援会幹部に対し、町長を続ける考えを示した。理由については周囲に対し「応援してくれる町民もいて励みになった」とも述べているという。近く記者会見し説明する予定。 (津留恒星)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ