【★どうが★やさしい日本語】赤(あか)ちゃん の「相撲(すもう)」が あった

西日本新聞

長崎(ながさき) (けん)   平戸(ひらど) () の  お(てら) で、「() () き  相撲(ずもう) 」が  ありました。

普通(ふつう) の  相撲(すもう) では  ありません。相撲(すもう) をするのは  大人(おとな) ではなく、(ちい) さな  (あか) ちゃんだからです。

(はや) く  () いた  (あか) ちゃんが  () ちます。そして、(あか) ちゃんが  元気(げんき) に  (そだ) つように  みんなで  (ねが) います。

相撲(すもう) をする  場所(ばしょ) は「土俵(どひょう) 」と  いいます。() () 相撲(ずもう) の  土俵(どひょう) は、(たたみ) です。

(あか) ちゃんは、お(かあ) さんや  お(とう) さんと  いっしょに  土俵(どひょう) に  () きます。

(あか) ちゃん 2(ふたり) が  (たたみ) に  (すわ) ると、相撲(すもう) が  (はじ) まります。

どちらが  () ったか  () める(ひと) は「行司(ぎょうじ) 」です。

行司(ぎょうじ) は  (あか) ちゃんに「さあ、() いた」(さあ、() きなさい)と  () います。

それから、どちらの  (あか) ちゃんが  (はや) く  () くか  () ます。

1(さい) (あか) ちゃんの  お(かあ) さんは、「よく  () いていました。元気(げんき) に  (そだ) ってほしいです」と  (はな) しました。

行司(ぎょうじ) の75(さい) の  男性(だんせい) は「(あか) ちゃんが  () くように  頑張(がんば) りました」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ