西肥バスが100周年記念イベント 9日、先着500人に記念タオル

西日本新聞 長崎・佐世保版 宮崎 省三

車体デザインのグッズ先行販売

 長崎県佐世保市を拠点に運行する西肥バスの100周年記念イベントが9日午前10時から、佐世保市下京町のくっけん広場で開かれる。先着500人に記念タオルをプレゼントするほか、昭和期の車体をデザインした記念グッズを先行販売する。

 記念グッズは、バス型貯金箱(税込み1500円、限定3千個)と小箱入りのカステラ「フクサヤキューブ」(594円、5千箱)の2種類。

 バス型貯金箱に硬貨を入れると、西肥バスのイメージソング「シルバーブルー」や降車ボタンのチャイム音などが流れる。カステラ本家福砂屋の協力によるフクサヤキューブは、貸し切りバスをデザインした外箱を開けると、中から昭和と平成の路線バスデザインの小箱2個が出てくる。

 記念グッズは10日から、西肥バス営業所などで一般販売する。

 イベント会場では、西肥バスの大正・昭和写真展、組み立てると路線バスの模型になるペーパークラフトコーナーなどもある。

 西肥バスを運行する西肥自動車は、1920年2月10日に創業した。(宮崎省三)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ