元郵便局員の横領、8500万円に 顧客の貯金「ギャンブルに」

西日本新聞 社会面 宮崎 拓朗

 日本郵便九州支社は6日、顧客11人から預かった貯金計510万円を横領したとして昨年12月に懲戒解雇した早良南郵便局(福岡市早良区)の元期間雇用社員の60代男性が、さらに約8千万円を横領していたと発表した。支社は5日、福岡県警早良署に刑事告訴した。

 支社によると、元社員は2018年3月から19年10月、渉外担当として顧客宅などで受け取った貯金預入金を適正に処理せず、横領を繰り返していたという。前回発表分と合わせ、被害は26人分の約8500万円となった。

 元社員は社内調査に対し「ギャンブル代など遊興費のためにやった」と話しており、被害弁済はしていないという。

 支社は「お客さまに多大なご迷惑をおかけし、弊社に対する信頼を損なうこととなり深くおわび申し上げる」と釈明。被害を受けた顧客への補償を進めているという。 (宮崎拓朗)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ