【動画あり】キリンの赤ちゃんが33年ぶり誕生 福岡市動物園

西日本新聞 坂本 公司

 福岡市動物園(同市中央区)は7日、アミメキリンの赤ちゃんが誕生したと発表した。キリンの赤ちゃんが同園で生まれたのは1987年2月のマサイキリン以来、33年ぶり。

 5日午後6時45分、母親の「リンダ」(7歳)から生まれた。首を伸ばしたときの大きさは約2メートルで、性別はまだ分かっていない。母子ともに健康で、現在は非公開の獣舎で一緒に暮らしている。母親が赤ちゃんの体をなめたり、顔を赤ちゃんに近づけたりして世話をする様子が確認されているという。

 園のキリンは父親の「ジュラ」(4歳)と合わせて3頭となった。赤ちゃんの一般公開の時期は体調を考慮して決め、名前を募集するかどうかも検討する。(坂本公司)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ