吉野さん延岡で講演 3月末、旭化成発祥の縁

西日本新聞 社会面 佐伯 浩之

 リチウムイオン電池の研究・開発でノーベル化学賞を受賞した旭化成名誉フェロー・吉野彰さんが3月30日、縁の深い宮崎県延岡市で講演する。

 吉野さんは、旭化成発祥の地である延岡市で手掛けた繊維、化薬事業が研究を陰で支えたことなどを著書に記している。市が旭化成を通して講演を打診し、実現することになった。

 講演会は同市東浜砂町の延岡総合文化センターで開催。市などの主催で、第1部は宮崎県北地域の中学・高校生約1300人が対象。第2部は、それ以外の中高生と一般を対象に参加者を募集する。定員約1000人で入場無料。

 「リチウムイオン電池が拓(ひら)く未来社会」をテーマに、研究の苦労や吉野さん自身が描く未来について語る。応募は10~29日に市のウェブサイトかはがきで。多数の場合は抽選。同市工業振興課=0982(22)7035。 (佐伯浩之)

宮崎県の天気予報

PR

宮崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ