石段におひなさまずらり 朝倉・秋月で「雛めぐり」

西日本新聞 社会面

 「筑前の小京都」と呼ばれる福岡県朝倉市の秋月地区で8日、武家屋敷などにひな人形を飾る「古都秋月 雛(ひな)めぐり」が始まった。桃の節句の3月3日まで。

 見どころは、県有形文化財の「長屋門」前の石段をひな壇に見立てた21段のひな飾りで、市民から寄贈された人形約350体が並ぶ。展示は土日祝日と3月2、3日の午前10時~午後4時。飾り付けと片付けは全て人の手。雨天時は中止となるため、スタッフは日中の雨雲の行方にも神経をとがらせる。

 九州では珍しい屋外展示。「多くの人に見てもらいたい。雨だけは絶対に降らないで」と担当者。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ