中国団体客2200人キャンセル 北九州市、新型肺炎の影響で

西日本新聞 社会面 東 祐一郎

 北九州市の北橋健治市長は13日、定例記者会見で新型コロナウイルスの感染拡大を受けて聞き取り調査をした結果、1月27日以降、中国の団体旅行客76団体、約2200人が宿泊をキャンセルしたと明らかにした。

 市は今月10日、市内10施設を対象に調査を実施。このうち3施設で中国の団体旅行の予約が入っていた。聞き取り対象は3月までの予約で、今後さらに増加が見込まれるという。個人の旅行客分は把握できていない。 (東祐一郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ