【動画あり】EVで北九州都市圏を巡ろう 福岡・水巻町で無料レンタル

西日本新聞 九州経済面 金田 達依

 一人乗りの小型電気自動車(EV)を無償で貸し出し、名所旧跡を巡ってもらう実証実験が14日から福岡県水巻町で始まる。北九州市と近隣16市町でつくる「北九州都市圏域」が観光活性化を目的に行い、九州では初めての取り組みだ。水巻町は「地域の隠れた魅力を広く知ってもらうきっかけにしたい」と意気込む。3月13日まで。

 実験ではトヨタ自動車のEV「コムス」3台をレンタルする。最高時速60キロで、最長50キロ走行できる。普通免許で運転可能。1回の貸し出しは最大3時間。

 水巻町の周遊拠点施設「ICOTTO! MIZUMAKI」で貸し出す。トランシーバー機能を備えるなどアトラクション要素のある車で、グループでの利用も想定している。

 町は実験に合わせ町内と、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つ「遠賀川水源地ポンプ室」がある隣町の中間市を回る観光ルートを作成。車と一緒に貸し出すタブレット端末に登録して周遊をサポートする。

 月曜定休で利用申し込みには免許証が必要。ICOTTO!=093(201)3939。(金田達依)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ