かんぽ不正、18年に社内で共有 社長、国会で認め陳謝

 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、同社の千田哲也社長は13日の衆院総務委員会で、2018年5月から毎月開催した社内会議の中で、顧客に保険料を二重払いさせるなどの問題事案の発生状況が報告されていたことを認めた。不正が発覚したのは昨年6月になってから。千田氏は「リスク感度が低かったと深く反省し...

残り 404文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR