豆まきでの思いやり

西日本新聞

 ☆今月3日、太宰府天満宮(福岡県太宰府市)で行われた豆まきに1人で出掛けました。境内は人でごった返し、後方にいた私はまかれた豆が拾えません。

 「1個ぐらい持って帰りたい」と思わずつぶやいたら、右前にいた男性が自分が拾った豆の袋を後ろ手に一つ分けてくれたのです。

 拾うのに一生懸命な人ばかりの中で見せてくれた思いやり。うれしかったですね。その後、ふと下を見たら拾い忘れられた袋が一つ。二人暮らしなのでそれも持ち帰り、主人とありがたくいただきました。

(福岡県大野城市、女性、74)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ