新型コロナウイルスの…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 梅沢 平

 新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒一色だった今年の春節(旧正月)。1月下旬の寒空の下、クルーズ船が入港していた博多港の旅客ターミナルでは、県警も目を光らせていた。狙いは中国人観光客相手に無許可でタクシー営業する「白タク」行為だ▼数年前から問題になっているものの、手口は巧妙になっているという。理由はキャッシュレス決済。利用客はスマートフォンの配車アプリで白タクを手配。支払いもアプリ上で済ませるため現金のやりとりはなく、「知人を送っているだけ」との言い逃れが摘発を難しくさせる▼正規のタクシー運転手にとって死活問題なだけでなく、事故に巻き込まれても白タク側が保険に入っていない可能性もある。訪日外国人客が増える中、決して人ごとではない。 (梅沢平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ